FESTが目指すこと

一方的な「物をあげる」「お金を渡す」支援ではなく、最良の国際協力を支援活動の中で

探究・実行・啓発し、

世界から向こう見ずな支援をなくしていく。

​団体名:FESTの意味

F ocus on

E quality

S tudent perspective

T ogether

​→

学生目線の支援・啓発を

現地の人たちと、共に行う団体

Vision

世界から向こう見ずな支援をなくす

Mission

最良の国際協力を探究・実行・啓発する

Value

Quest   :懐疑的な探究・本質的な活動

Flexibility   :柔軟な思考・最適な行動

Evenly      :多様性の尊重・相補的な関係

Youthfully :自発的な挑戦・将来にわたる還元

​向こう見ずな支援とは?

FESTは「世界から向こう見ずな支援をなくす」というVisionを掲げています。

向こう見ずな支援とは、簡単に言うと「ニーズに合っていない支援」や「結果的にマイナスな影響を与えてしまう支援」などが挙げられます。良かれと思って行った支援が、長期的な見通しが欠けていたために、対象者やその地域にマイナスの影響を与えてしまったというような事例を耳にしたことがあるのではないでしょうか?

私たちは、そのような向こう見ずな支援を否定し、「最良の国際協力とは」を常に問いながら活動しています。

団体設立5大趣旨

  1. 様々な国で発生する問題に、即応した形のアクションを起こす

  2. 仕事ではない、学生目線の支援の形を実行する

  3. 今までにない「日本の学生と現地の共同参加型ワークキャンプ」の実現

  4. 支援地の方の自立をゴールとする短期完結の活動を提案

  5. 学生が国際社会で活躍できる機会とステージの提供​

活動場所

基本的に新宿NPOセンター

​(JR高田馬場駅から徒歩15分)

通常活動日時

毎週木曜日(18:45〜21:45)

隔週日曜日(14:00〜17:00)

メンバー数

16人(2019年6月現在)

​メンバーは通年募集中!お問い合わせはこちら

ワークキャンプ(海外での支援活動)

場所:フィリピンセブ島

期間:3月と8月に10日〜30日間

費用:飛行機代+生活費3・4万円

代表挨拶

​9期代表 中央大学商学部

    別所梨央

ボランティアは果たして「すごい」ことなのか。

 

この団体に入ろうと決めたとき、実は僕の決め手は「向こう見ずな支援を無くす」というビジョンに惹かれたことだけだった。

正直なところ国際協力がどういうものか分からなかったし、とりあえず大学でボランティアやってみたいという気持ちとその言葉に誘われて

始めたわけだった。

 

ボランティアは「見ず知らずの他人」を助けること

 

こう思っていた私にFESTは、ボランティアの別の視点に立たせてくれた。

 

ボランティアは「人」と向き合い、関わること

 

日常で関わる友達や家族。話して知って、理解して。何も「ボランティアはすごい」と距離を取る必要はない。

からこそ、人間関係に悩んだり、誰かの役に立ちたい時こそ、ボランティアがそれに応えてくれるのかもしれない。

 

僕はこのFESTが国際協力だけでなく、

気づきがある、それぞれの居場所であるように、

メンバーと一緒に作っていきたいと思う。

団体略歴

2010年
5月  創設者倉田がFEST TOKYOを設立する
10月 初のフィリピンへの調査渡航を実施
2011年
3月  FEST第一回ワークキャンプ実施
     (以降、年2回フィリピンへ渡航)
 
東日本大震災への支援として
初の大型国内支援イベントを実施

 
2012年
10月 FEST HIROSHIMA 設立
グローバルフェスタにて
学生として初めてメインステージで登壇
IMF世界銀行年次総会(東京)
NGO FESTとして初めて出席
11月  なんとかしなきゃ!プロジェクトにて
ルー大柴さんと倉田が対談
2013
10月 FEST OHITA 設立(現在休止中)
2014年
2月  外務省:「開発人材育成及び開発教育支援の評価」に掲載
10月 IMF世界銀行年次総会
(ロサンゼルス)に出席
2016年
10月 全国学生団体総選挙にて
インターナショナル部門準グランプリを受賞

​©︎2018-2019 NGO FEST TOKYO

​お問い合わせはLINE@へ!
  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン